DNS ZONE

DNS ZONE

体重・脂肪DOWN

「鍛えて、燃やして、絞る」バーニングSPは、アスリートの減量をサポートする唯一無二のサプリメント。

「鍛えて、燃やして、絞る」バーニングSPは、アスリートの減量をサポートする唯一無二のサプリメント。

DESIRE TO EVOLUTION

体重・脂肪DOWN

「鍛えて、燃やして、絞る」バーニングSPは、アスリートの減量をサポートする唯一無二のサプリメント。

「鍛えて、燃やして、絞る」バーニングSPは、アスリートの減量をサポートする唯一無二のサプリメント。

アスリートが目指す肉体。 それは多くの場合、パワーとクイックネスを兼ね備え、筋肉量は多く体脂肪が少ない身体だろう。アスリートならば、不必要な脂肪をできる限り削ぎ落としたいに違いない。

では、どうやってそれを実現するか。

まずはハードに動き、質の高い栄養を摂ることだ。その上でぜひお勧めしたいサプリメントが、この11月に発売された「バーニングSP」である。

アスリートが「鍛えて、燃やして、絞る」。

そんな時のサポート役となるバーニングSP。今回は、その魅力を余すことなく紹介していく。

■カギとなる「ミトコンドリアの活性化」。

よけいな脂肪を削ぎ落とす有効な手立ての一つが、代謝を上げることだ。バーニングSPは身体のエネルギー代謝アップをサポート。それにより、脂肪燃焼効果を得ることができる。

カギとなるのは、ミトコンドリアの活性化だ。

ミトコンドリアとは、生物の細胞に含まれる細胞小器官(細胞内の小さなユニット)のこと。要は細胞内のエネルギー工場だ。ミトコンドリアは脂質や炭水化物を原料にして、人間のあらゆる活動に欠かせないATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出しており、この時、原料として脂質が多く使われる。

つまりミトコンドリアが活性化され、活発にATPを作り出すほど、人間の身体は脂質を多く代謝するわけだ。

バーニングSPには、ミトコンドリアを活性化させる二つの成分が配合されている。それは①カルニチン②コエンザイムQ10である。それぞれの特徴は以下の通りだ。

①カルニチン

骨格筋の中に存在する非必須アミノ酸。ミトコンドリアがATPを作り出す際の原料となる脂肪酸を運んでくる。

②コエンザイムQ10

肉類や魚介類などの食品に含まれる補酵素(コエンザイム)。ミトコンドリアに作用し、運ばれた脂肪酸がATPに変換されるのを助ける。

ちなみに、カルニチンとコエンザイムQ10はいずれも体内に蓄えられるが、その量は20歳近辺をピークとして減少していく。歳を取ると代謝が下がり、太りやすくなるのは、この二つの成分の減少が大きく関係している。

この二つの成分の不足をサプリメントで補い、代謝を高い水準で維持する。これが、バーニングSPのメインコンセプトだ。

■サイエンスに基づき、有効な成分を十分な量、配合する。

バーニングSPの魅力を伝えるに当たり、DNSのサプリメントブランドとしてのスタンスをはっきりさせておきたい。株式会社DNSのSO(Scientific Officer)であり、栄養学博士の青柳清治はこう語る。

「私達はサイエンスに基づき、成分の選定を行っています。そして明確なエビデンスが存在する成分を、十分な効果が見込まれる量、配合することを心がけています。

それは今回のバーニングSPも同様です。有効成分の配合を売りにしているサプリメントは世の中にたくさんありますが、実はその中には、明確なエビデンスがなかったり、成分の量が不十分であるものも多く見受けられるのが現実です。

その点、バーニングSPに配合されているカルニチンとコエンザイムQ10の効果には明確なエビデンスがあり、それに基づき、十分な量(カルニチン:750㎎、コエンザイムQ10:80㎎)を配合しています」

もう一つの特筆すべきポイントが、コエンザイムQ10の吸収性だ。

「実はコエンザイムQ10は、単体で摂取しても腸から体内にほとんど吸収されないということをご存じでしょうか。このことに対しても、私達は今回、対策を講じています。

バーニングSPに含まれるコエンザイムQ10は『シクロデキストリン包接体』となっているのが大きな特徴です。シクロデキストリンとはオリゴ糖の一種で、カップのような分子構造になっています。このシクロデキストリンがコエンザイムQ10を包み込むことで、腸への吸収効率を大幅に高めることができました」

またバーニングSPには、お茶の苦みや渋みの元となるカテキンも配合されている。カテキンはいわゆる「トクホ」として国から認定を受けており、脂肪吸収効果が期待される成分だ。こちらも250mgと、十分な量を確保している。

■一番の特徴は「安心・安全」の保証。

断言しよう。バーニングSPは、巷に数あるファットバーニング系サプリメントの中で唯一の「アスリートが安心して飲めるサプリメント」である。

今回、DNSがバーニングSPをリリースする一番の意義。それは、インフォームド・チョイス取得商品である、ということだろう。

これまで何度も書いてきたが、インフォームド・チョイスとは、英国の検査会社「LGC社」のアンチ・ドーピング認証プログラムのこと。世界30カ国、200以上のブランドの約850製品に採用され、世界で最も広く使われている認証プログラムで、アンチ・ドーピングに特化した徹底的な製品分析と製造工程監査を行い、禁止物質が混入する可能性を限りなくゼロに近い状態まで排除する。(アンチ・ドーピングに対するDNSの姿勢

DNSはアスリートが安心して摂れるサプリメントを販売するため、2016年にインフォームド・チョイスを導入。それ以降、アスリートのパフォーマンスアップを目指して開発した商品は、すべてインフォームド・チョイスによる認証を取得している。それは今回のバーニングSPも同様だ(※)。

日本国内で販売されているファットバーニング系サプリメントの中で、インフォームド・チョイスを取得している商品はバーニングSP以外にない。アンチ・ドーピングのため、自らの身体に入れるものについて責任を持たねばならないアスリートが、何を選ぶべきか。答えは自明だろう。

バーニングSPの前身として、2000年代初頭に発売した「4Wayメガバーン」という商品があった。この商品はDNSがインフォームド・チョイスを導入する以前からラインナップされており、シネフリンという柑橘類の抽出物を使っていた。シネフリンは世界アンチ・ド-ピング機構(WADA)が定める禁止表国際基準において、監視プログラムに含まれる。(※スポーツにおける濫用パターンを把握するために監視すること。禁止物質とは異なる。ちなみにカフェインもその一つ)そのため4Wayメガバーンはインフォームド・チョイスの認証を取得せず、成分を見直すことが決定。シネフリンの他、有効なエビデンスがないオルニチンの含有もやめ、新たにインフォームド・チョイスを取得して発売したのがバーニングSPである。

■「飲むだけで痩せる魔法のサプリメント」では決してない。

では、バーニングSPはどんなアスリートに向いているのか。

例えばボクシングやレスリングといった体重制スポーツの選手にはもってこいに違いない。

また、サッカーやラグビー、アメフトなどの選手がトレーニング期の後、動きのキレを出すために体重調整を行う際にも有効だろう。DNSで商品企画などを担当し、現役のランナーでもある熊谷智弘はこう語る。

「階級制スポーツの選手の場合、最も適しているのは、水分カットなどの体重調整を行う前の減量初期から中期。しっかりと時間をかけ、脂肪を落としていく段階で使うのがオススメです。

また僕の周りには、ダイエット目的で使っているランナーの方も多くいます。トップアスリートが使用することを前提に開発されたサプリメントですから、もちろん一般のランナーやトレイニーの方が摂っても効果が期待できると思います」

バーニングSPの摂取タイミングは、トレーニングや運動の30分から1時間前、もしくは1日の始まり。1回1袋を目安に、水などと一緒に飲む。

ただし摂取に当たり、心にとめておいてほしいことがある。それは、エネルギー代謝を上げるのは決して簡単ではない、ということ。

体重コントロールとは本来、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取ることに尽きる。まずはしっかり動き、食事の内容を調整することだ。バーニングSPはあくまでもサポート役。決して「飲むだけで痩せる魔法のサプリメント」ではない。

このことを、くれぐれもご理解いただきたい。

バーニングSPの購入はこちら

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

アスリートが目指す肉体。 それは多くの場合、パワーとクイックネスを兼ね備え、筋肉量は多く体脂肪が少ない身体だろう。アスリートならば、不必要な脂肪をできる限り削ぎ落としたいに違いない。

では、どうやってそれを実現するか。

まずはハードに動き、質の高い栄養を摂ることだ。その上でぜひお勧めしたいサプリメントが、この11月に発売された「バーニングSP」である。

アスリートが「鍛えて、燃やして、絞る」。

そんな時のサポート役となるバーニングSP。今回は、その魅力を余すことなく紹介していく。

■カギとなる「ミトコンドリアの活性化」。

よけいな脂肪を削ぎ落とす有効な手立ての一つが、代謝を上げることだ。バーニングSPは身体のエネルギー代謝アップをサポート。それにより、脂肪燃焼効果を得ることができる。

カギとなるのは、ミトコンドリアの活性化だ。

ミトコンドリアとは、生物の細胞に含まれる細胞小器官(細胞内の小さなユニット)のこと。要は細胞内のエネルギー工場だ。ミトコンドリアは脂質や炭水化物を原料にして、人間のあらゆる活動に欠かせないATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出しており、この時、原料として脂質が多く使われる。

つまりミトコンドリアが活性化され、活発にATPを作り出すほど、人間の身体は脂質を多く代謝するわけだ。

バーニングSPには、ミトコンドリアを活性化させる二つの成分が配合されている。それは①カルニチン②コエンザイムQ10である。それぞれの特徴は以下の通りだ。

①カルニチン

骨格筋の中に存在する非必須アミノ酸。ミトコンドリアがATPを作り出す際の原料となる脂肪酸を運んでくる。

②コエンザイムQ10

肉類や魚介類などの食品に含まれる補酵素(コエンザイム)。ミトコンドリアに作用し、運ばれた脂肪酸がATPに変換されるのを助ける。

ちなみに、カルニチンとコエンザイムQ10はいずれも体内に蓄えられるが、その量は20歳近辺をピークとして減少していく。歳を取ると代謝が下がり、太りやすくなるのは、この二つの成分の減少が大きく関係している。

この二つの成分の不足をサプリメントで補い、代謝を高い水準で維持する。これが、バーニングSPのメインコンセプトだ。

■サイエンスに基づき、有効な成分を十分な量、配合する。

バーニングSPの魅力を伝えるに当たり、DNSのサプリメントブランドとしてのスタンスをはっきりさせておきたい。株式会社DNSのSO(Scientific Officer)であり、栄養学博士の青柳清治はこう語る。

「私達はサイエンスに基づき、成分の選定を行っています。そして明確なエビデンスが存在する成分を、十分な効果が見込まれる量、配合することを心がけています。

それは今回のバーニングSPも同様です。有効成分の配合を売りにしているサプリメントは世の中にたくさんありますが、実はその中には、明確なエビデンスがなかったり、成分の量が不十分であるものも多く見受けられるのが現実です。

その点、バーニングSPに配合されているカルニチンとコエンザイムQ10の効果には明確なエビデンスがあり、それに基づき、十分な量(カルニチン:750㎎、コエンザイムQ10:80㎎)を配合しています」

もう一つの特筆すべきポイントが、コエンザイムQ10の吸収性だ。

「実はコエンザイムQ10は、単体で摂取しても腸から体内にほとんど吸収されないということをご存じでしょうか。このことに対しても、私達は今回、対策を講じています。

バーニングSPに含まれるコエンザイムQ10は『シクロデキストリン包接体』となっているのが大きな特徴です。シクロデキストリンとはオリゴ糖の一種で、カップのような分子構造になっています。このシクロデキストリンがコエンザイムQ10を包み込むことで、腸への吸収効率を大幅に高めることができました」

またバーニングSPには、お茶の苦みや渋みの元となるカテキンも配合されている。カテキンはいわゆる「トクホ」として国から認定を受けており、脂肪吸収効果が期待される成分だ。こちらも250mgと、十分な量を確保している。

■一番の特徴は「安心・安全」の保証。

断言しよう。バーニングSPは、巷に数あるファットバーニング系サプリメントの中で唯一の「アスリートが安心して飲めるサプリメント」である。

今回、DNSがバーニングSPをリリースする一番の意義。それは、インフォームド・チョイス取得商品である、ということだろう。

これまで何度も書いてきたが、インフォームド・チョイスとは、英国の検査会社「LGC社」のアンチ・ドーピング認証プログラムのこと。世界30カ国、200以上のブランドの約850製品に採用され、世界で最も広く使われている認証プログラムで、アンチ・ドーピングに特化した徹底的な製品分析と製造工程監査を行い、禁止物質が混入する可能性を限りなくゼロに近い状態まで排除する。(アンチ・ドーピングに対するDNSの姿勢

DNSはアスリートが安心して摂れるサプリメントを販売するため、2016年にインフォームド・チョイスを導入。それ以降、アスリートのパフォーマンスアップを目指して開発した商品は、すべてインフォームド・チョイスによる認証を取得している。それは今回のバーニングSPも同様だ(※)。

日本国内で販売されているファットバーニング系サプリメントの中で、インフォームド・チョイスを取得している商品はバーニングSP以外にない。アンチ・ドーピングのため、自らの身体に入れるものについて責任を持たねばならないアスリートが、何を選ぶべきか。答えは自明だろう。

バーニングSPの前身として、2000年代初頭に発売した「4Wayメガバーン」という商品があった。この商品はDNSがインフォームド・チョイスを導入する以前からラインナップされており、シネフリンという柑橘類の抽出物を使っていた。シネフリンは世界アンチ・ド-ピング機構(WADA)が定める禁止表国際基準において、監視プログラムに含まれる。(※スポーツにおける濫用パターンを把握するために監視すること。禁止物質とは異なる。ちなみにカフェインもその一つ)そのため4Wayメガバーンはインフォームド・チョイスの認証を取得せず、成分を見直すことが決定。シネフリンの他、有効なエビデンスがないオルニチンの含有もやめ、新たにインフォームド・チョイスを取得して発売したのがバーニングSPである。

■「飲むだけで痩せる魔法のサプリメント」では決してない。

では、バーニングSPはどんなアスリートに向いているのか。

例えばボクシングやレスリングといった体重制スポーツの選手にはもってこいに違いない。

また、サッカーやラグビー、アメフトなどの選手がトレーニング期の後、動きのキレを出すために体重調整を行う際にも有効だろう。DNSで商品企画などを担当し、現役のランナーでもある熊谷智弘はこう語る。

「階級制スポーツの選手の場合、最も適しているのは、水分カットなどの体重調整を行う前の減量初期から中期。しっかりと時間をかけ、脂肪を落としていく段階で使うのがオススメです。

また僕の周りには、ダイエット目的で使っているランナーの方も多くいます。トップアスリートが使用することを前提に開発されたサプリメントですから、もちろん一般のランナーやトレイニーの方が摂っても効果が期待できると思います」

バーニングSPの摂取タイミングは、トレーニングや運動の30分から1時間前、もしくは1日の始まり。1回1袋を目安に、水などと一緒に飲む。

ただし摂取に当たり、心にとめておいてほしいことがある。それは、エネルギー代謝を上げるのは決して簡単ではない、ということ。

体重コントロールとは本来、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取ることに尽きる。まずはしっかり動き、食事の内容を調整することだ。バーニングSPはあくまでもサポート役。決して「飲むだけで痩せる魔法のサプリメント」ではない。

このことを、くれぐれもご理解いただきたい。

バーニングSPの購入はこちら