DNS ZONE

DNS ZONE

健康・体力・美容UP

酷暑に打ち克つサプリメント戦略

DESIRE TO EVOLUTION

健康・体力・美容UP

酷暑に打ち克つサプリメント戦略

酷暑に打ち克つサプリメント戦略

温暖化やヒートアイランド現象によって日本の夏は暑くなり続け、もはや熱帯地方と言っても過言ではない。湿気も高く、体力が持っていかれてダウンするウォリアーも多いだろう。そこで今回は夏バテ対策について詳しく解説していくことにする。

食欲減退を抑える。 

夏バテの一般的な症状は、食欲の減退や睡眠不足、それらを原因とする疲労の蓄積などだろう。そこで、まずは食欲減退を抑えたい 

胃酸の主成分は塩酸である。塩酸は食事で摂取する塩分を材料にしている。そのため汗をかいて体内の塩分が不足すると、胃酸減ってしまい、消化が悪くなる。そして食欲も減退してしまう。 

対策としてはもちろん塩分を主としたミネラルの補給だ。食事の味けを濃くしたり、味噌汁などを飲むことで塩分を補給するとともに、ミネラルスーパープレミアムを食後に摂るといい目安は1日4~12粒。自身の栄養摂取状況に応じて、量を調節してほしい。 

ミネラルスーパープレミアム

【1日12粒(6,948mg)あたり】

エネルギー:16kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.2g、炭水化物:2.2g、食塩相当量:0.085g、カルシウム:820mg、マグネシウム:390mg、鉄:16.2mg、銅:2.88mg、亜鉛:30.6mg、マンガン:2.54mg、ヨウ素:152.9μg、セレン:61.1 μg、クロム:43.1μg、モリブデン:55.6μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

また、辛いものを食べることも、胃酸の分泌を促して食欲を増進させるため効果的だ。熱帯地方では辛いものがよく食べられるが、殺菌作用だけでなく、食欲の増進にも役立っているのだ 

■「冷房病」への対処。

また冷房による体調の悪化を感じるウォリアーも多いはずだ。体温を調節するのは自律神経の役目。暑い自律神経体表の血管を拡張させるよう指令を出す。すると血液が冷却水のような働きをして、放熱が大きくなり、体温が下がる。逆に寒いと感じると、自律神経は血管を収縮させるように指令を出す。すると今度は放熱が抑えられ、体温がキープされる 

だが自然界において急激に気温が変化することはない。そのため自律神経による体温調節の働きは、急激な温度差には対応できるようにはなっていない。しかしエアコンの出現によって、私たちの身体は急激な温度差を経験することになる。のため自律神経が乱れ、睡眠に問題が出たり、疲れが抜けなくなったりするのである。 

ただし、対策は簡単である。温度差が大きくならないようにすればいいのだ最初は外気と室内の温度差が5℃程度になるよう、冷房温度を高めに設定する。そして数時間後、身体慣れたところで、徐々に冷房の温度を下げていけばいい 

疲労をコントロールする。 

水溶性ビタミンであるビタミンB群やビタミンCは、汗で流れ出やすい。ビタミンB群は糖質脂質をエネルギーに変換するときに使われる、アミノ酸を利用する時に使われたり造血にも関わることから貧血対策にも重要だ 

またビタミンCは免疫力をキープしたり、コラーゲンを合成したり、筋肉を分解するホルモンをブロックしたりする作用がある。 

汗を大量にかくこの時期は、これらのビタミンが足りなくなってしまう可能性が高い。するとこれらの代謝がスムーズに行われなくなる。そしてエネルギー不足や貧血、ケガ、夏風邪、筋肉量の低下などが起こってしまう。 

そこで利用したいのが、ビタミンスーパープレミアムだ。これはウォリアーのためにデザインされたマルチビタミンサプリメントである。十分な量のビタミンB群ビタミンCビタミンA、D、E、Kを含み、夏季だけでなく1年を通して摂取しておきたいサプリメントだミネラルスーパープレミアムと合わせて使えば、微量栄養素はすべて確保できる。 

ビタミンスーパープレミアム

【1日3粒(1,647mg)あたり】

エネルギー:6.8kcal、たんぱく質:0.35g、脂質:0.11g、炭水化物:1.1g、食塩相当量:0.0024g、ナイアシン:16.2mg、パントテン酸:47.8mg、ビタミンA:947.8μg、ビタミンD:22.4μg、ビタミンE:25.4mg、ビタミンK:191μg、ビタミンB1:0.82mg、ビタミンB2:0.99mg、ビタミンB6:1.01mg、ビタミンB12:2.3μg、葉酸:378.8μg、ビタミンC:506mg、β-カロテン:947μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

■たんぱく質の重要性 

酷暑のストレスはあなどれない。さらにトレーニングをしたらストレスは倍増する強いストレスを受けると、身体はそれに対抗するためエネルギーを作り出そうとする。血糖値を高くしようとするわけだ。 

この時に体内のグリコーゲンが分解されるが、それだけでなく、筋肉も分解されてしまう。筋肉からアミノ酸を取り出し、それを糖質に変えようとするだ。この働きを「糖新生」と呼ぶ。つまりトレーニングをすると、アミノ酸を取り出すために筋肉は分解される。酷暑の時期にトレーニングをしたら、筋肉分解は避けられない。 

そこで大事なのが、十分なたんぱく質補給である。分解された筋肉を元通りにする材料を補給するのが理由の一つ。そしてもう一つは、十分なたんぱく質を補給して体内のアミノ酸濃度を高めておくことにより、筋肉からアミノ酸を取り出す必要をくすだ。 

逆にタンパク質の補給が足りないと、筋肉は分解されるままになってしまい、トレーニングしているのにむしろ筋肉が減っていくというバカバカしいことになりかねない。 

たんぱく質を摂るメリットは、筋肉の分解を防ぐだけではない。実は精神的な疲労を防ぐ効果もある。 

気合が入っているに「アドレナリンが噴出している」などと言うことがあるが、アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の材料になるのはチロシンというアミノ酸。アミノ酸ということは、もちろん肉や魚、プロテインなどに含まれているということ。どうもやる気が出ない、憂鬱だ、楽しくないというは、これらの神経伝達物質が足りなくなっている可能性がある。 

またリラックスしたり満腹感をもたらしたりする神経伝達物質をセロトニンと呼ぶが、これもアミノ酸のトリプトファンが材料となっている。 

精神的な疲労から回復するためにも、十分なタンパク質、アミノ酸を摂取して、神経伝達物質が枯渇しないよう努めたい 

お勧めのプロテインは 

もちろん食事からたんぱく質を摂ることも可能だが、そもそも食欲が低下しがちなこの時期に大量の肉や卵を食べるのは難しい人も多いそこでプロテインである。 

DNSホエイ100G+は胃腸への負担もなく、十分な量のたんぱく質を補給してくれる。またビタミンを配合したホエイプロテインビタミンを使うのも有効だ 

また、特に夏季にお勧めしたいのがハイドレートプロだ。これはWPIを使用したプロテインドリンクで、スッキリとした味でゴクゴクる。そのため、水分補給用のドリンクとしても使る。1本あたりに15.5gたんぱく質が含まれており、甘くないのでトレーニング直後でも抵抗なく飲る。たんぱく質と水が身体にしみわたる感覚をぜひ味わってほしい。 

ハイドレートプロ

【1本(500ml)あたり】

エネルギー:70kcal、たんぱく質:15.5g、脂質:0g、炭水化物: 2.5g、食塩相当量:0.6g、カリウム:106.5mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

温暖化やヒートアイランド現象によって日本の夏は暑くなり続け、もはや熱帯地方と言っても過言ではない。湿気も高く、体力が持っていかれてダウンするウォリアーも多いだろう。そこで今回は夏バテ対策について詳しく解説していくことにする。

食欲減退を抑える。 

夏バテの一般的な症状は、食欲の減退や睡眠不足、それらを原因とする疲労の蓄積などだろう。そこで、まずは食欲減退を抑えたい 

胃酸の主成分は塩酸である。塩酸は食事で摂取する塩分を材料にしている。そのため汗をかいて体内の塩分が不足すると、胃酸減ってしまい、消化が悪くなる。そして食欲も減退してしまう。 

対策としてはもちろん塩分を主としたミネラルの補給だ。食事の味けを濃くしたり、味噌汁などを飲むことで塩分を補給するとともに、ミネラルスーパープレミアムを食後に摂るといい目安は1日4~12粒。自身の栄養摂取状況に応じて、量を調節してほしい。 

ミネラルスーパープレミアム

【1日12粒(6,948mg)あたり】

エネルギー:16kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.2g、炭水化物:2.2g、食塩相当量:0.085g、カルシウム:820mg、マグネシウム:390mg、鉄:16.2mg、銅:2.88mg、亜鉛:30.6mg、マンガン:2.54mg、ヨウ素:152.9μg、セレン:61.1 μg、クロム:43.1μg、モリブデン:55.6μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

また、辛いものを食べることも、胃酸の分泌を促して食欲を増進させるため効果的だ。熱帯地方では辛いものがよく食べられるが、殺菌作用だけでなく、食欲の増進にも役立っているのだ 

■「冷房病」への対処。

また冷房による体調の悪化を感じるウォリアーも多いはずだ。体温を調節するのは自律神経の役目。暑い自律神経体表の血管を拡張させるよう指令を出す。すると血液が冷却水のような働きをして、放熱が大きくなり、体温が下がる。逆に寒いと感じると、自律神経は血管を収縮させるように指令を出す。すると今度は放熱が抑えられ、体温がキープされる 

だが自然界において急激に気温が変化することはない。そのため自律神経による体温調節の働きは、急激な温度差には対応できるようにはなっていない。しかしエアコンの出現によって、私たちの身体は急激な温度差を経験することになる。のため自律神経が乱れ、睡眠に問題が出たり、疲れが抜けなくなったりするのである。 

ただし、対策は簡単である。温度差が大きくならないようにすればいいのだ最初は外気と室内の温度差が5℃程度になるよう、冷房温度を高めに設定する。そして数時間後、身体慣れたところで、徐々に冷房の温度を下げていけばいい 

疲労をコントロールする。 

水溶性ビタミンであるビタミンB群やビタミンCは、汗で流れ出やすい。ビタミンB群は糖質脂質をエネルギーに変換するときに使われる、アミノ酸を利用する時に使われたり造血にも関わることから貧血対策にも重要だ 

またビタミンCは免疫力をキープしたり、コラーゲンを合成したり、筋肉を分解するホルモンをブロックしたりする作用がある。 

汗を大量にかくこの時期は、これらのビタミンが足りなくなってしまう可能性が高い。するとこれらの代謝がスムーズに行われなくなる。そしてエネルギー不足や貧血、ケガ、夏風邪、筋肉量の低下などが起こってしまう。 

そこで利用したいのが、ビタミンスーパープレミアムだ。これはウォリアーのためにデザインされたマルチビタミンサプリメントである。十分な量のビタミンB群ビタミンCビタミンA、D、E、Kを含み、夏季だけでなく1年を通して摂取しておきたいサプリメントだミネラルスーパープレミアムと合わせて使えば、微量栄養素はすべて確保できる。 

ビタミンスーパープレミアム

【1日3粒(1,647mg)あたり】

エネルギー:6.8kcal、たんぱく質:0.35g、脂質:0.11g、炭水化物:1.1g、食塩相当量:0.0024g、ナイアシン:16.2mg、パントテン酸:47.8mg、ビタミンA:947.8μg、ビタミンD:22.4μg、ビタミンE:25.4mg、ビタミンK:191μg、ビタミンB1:0.82mg、ビタミンB2:0.99mg、ビタミンB6:1.01mg、ビタミンB12:2.3μg、葉酸:378.8μg、ビタミンC:506mg、β-カロテン:947μg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

■たんぱく質の重要性 

酷暑のストレスはあなどれない。さらにトレーニングをしたらストレスは倍増する強いストレスを受けると、身体はそれに対抗するためエネルギーを作り出そうとする。血糖値を高くしようとするわけだ。 

この時に体内のグリコーゲンが分解されるが、それだけでなく、筋肉も分解されてしまう。筋肉からアミノ酸を取り出し、それを糖質に変えようとするだ。この働きを「糖新生」と呼ぶ。つまりトレーニングをすると、アミノ酸を取り出すために筋肉は分解される。酷暑の時期にトレーニングをしたら、筋肉分解は避けられない。 

そこで大事なのが、十分なたんぱく質補給である。分解された筋肉を元通りにする材料を補給するのが理由の一つ。そしてもう一つは、十分なたんぱく質を補給して体内のアミノ酸濃度を高めておくことにより、筋肉からアミノ酸を取り出す必要をくすだ。 

逆にタンパク質の補給が足りないと、筋肉は分解されるままになってしまい、トレーニングしているのにむしろ筋肉が減っていくというバカバカしいことになりかねない。 

たんぱく質を摂るメリットは、筋肉の分解を防ぐだけではない。実は精神的な疲労を防ぐ効果もある。 

気合が入っているに「アドレナリンが噴出している」などと言うことがあるが、アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の材料になるのはチロシンというアミノ酸。アミノ酸ということは、もちろん肉や魚、プロテインなどに含まれているということ。どうもやる気が出ない、憂鬱だ、楽しくないというは、これらの神経伝達物質が足りなくなっている可能性がある。 

またリラックスしたり満腹感をもたらしたりする神経伝達物質をセロトニンと呼ぶが、これもアミノ酸のトリプトファンが材料となっている。 

精神的な疲労から回復するためにも、十分なタンパク質、アミノ酸を摂取して、神経伝達物質が枯渇しないよう努めたい 

お勧めのプロテインは 

もちろん食事からたんぱく質を摂ることも可能だが、そもそも食欲が低下しがちなこの時期に大量の肉や卵を食べるのは難しい人も多いそこでプロテインである。 

DNSホエイ100G+は胃腸への負担もなく、十分な量のたんぱく質を補給してくれる。またビタミンを配合したホエイプロテインビタミンを使うのも有効だ 

また、特に夏季にお勧めしたいのがハイドレートプロだ。これはWPIを使用したプロテインドリンクで、スッキリとした味でゴクゴクる。そのため、水分補給用のドリンクとしても使る。1本あたりに15.5gたんぱく質が含まれており、甘くないのでトレーニング直後でも抵抗なく飲る。たんぱく質と水が身体にしみわたる感覚をぜひ味わってほしい。 

ハイドレートプロ

【1本(500ml)あたり】

エネルギー:70kcal、たんぱく質:15.5g、脂質:0g、炭水化物: 2.5g、食塩相当量:0.6g、カリウム:106.5mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop