NEWS
Information

トップアスリート向け商品群「エリートアスリートライン」販売開始
国際的アンチ・ドーピング認証「インフォームドスポーツ」を取得

AthleteLine.jpg

株式会社DNSは、ドーピング検査の対象となるトップアスリート向けとなる商品シリーズ「エリートアスリートライン(以下、EAL)」を2020年10月7日よりDNS公式オンラインショップにて販売を開始いたします。

EALは、いずれも英LGC社が運営する世界で最も普及している国際的アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドスポーツ」の厳しい基準をクリアした商品シリーズです。

インフォームドスポーツの最大の特徴は、市場に展開される商品の成分すべてが分析済みであり、世界反ドーピング機構(WADA)指定の使用禁止物質が混入していないことを即座に証明できることです。つまり、万が一ドーピング検査で陽性反応が出た際にも、少なくともインフォームドスポーツ認証済サプリメントについてはクリーンであったことを分析結果とともに潔白を証明できるので、トップアスリートの方々に安心して摂取していただくことができます。

なお、DNSは以前よりLGC社のアンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を採用し、認証を取得した商品を販売してまいりましたが、アンチ・ドーピングにおける安全性、信頼性の高さについてはインフォームドスポーツと同等とされています。インフォームドチョイス認証商品の成分分析結果取得については、場合によっては数か月要することもありますが、安心してお使いいただけます。(詳細は後述)

競技力向上のために適切な栄養を摂取すべきであることは言うまでもありません。DNSは今後も安心・安全な商品をアスリートの皆様のもとにお届けすることで、公正公平でクリーンなスポーツ界の発展に貢献してまいります。



■LGC社

1842年にロンドンで偽物タバコを見破る分析機関として創業。
英国の半官半民的な分析等に関する専門機関として存在し、アンチ・ドーピングの分析については50年以上の経験を有する。2007年まではWADAの分析機関であったが、透明性を確保するため、現在はサプリメントの分析に特化。一般的な食品分析のレベルを超える高い検出精度を誇り、人体に健康被害がないとされる極微量(100 ナノグラム以下)の成分も検出可能。スポーツサプリメントの国際的な認証プログラム「インフォームドチョイス」と「インフォームドスポーツ」を運営している。
https://www.lgcgroup.com/


インフォームド・チョイスとインフォームド・スポーツ
いずれの認証プログラムも原材料、サプリメント商品、および製造施設に対して、厳密なガイドラインのもと監査を行い、 WADA の定める禁止物質による汚染のリスクを最小化する。
インフォームドチョイス認証を取得するためには、3回商品を生産し、1回目から2点、2回目から2点、3回目から1点の計5サンプルを抽出してLGC社に成分分析を依頼。分析の結果、WADA指定の使用禁止物質の混入が認められず、安全性が確認された商品に認証マークが付与される。
インフォームドスポーツ認証の取得も基本的にインフォームドチョイスと変わらず3回生産し、計5サンプルの分析が必要だが、それ以降の生産すべて成分を分析し、WADA指定の使用禁止物質の混入が認められず、安全性が確認された商品に認証マークが付与される。
なお、インフォームドチョイス、インフォームドスポーツのいずれも、市場の店頭に出回った後もLGC社が定期的にサンプルを抜き取り、分析を行っている。

IS_IC_20108.jpg

※認証取得、および認証取得後の検査体制イメージ

■DNS
2000年創設のスポーツニュートリションブランド
ブランドミッションである「人を進化させる。」を実現させるため、最先端のスポーツ栄養学やエビデンスの高い研究結果に基づき、継続して飲み続けられる商品づくりと情報発信を目指しています。
また、世界で最も普及しているアンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス/インフォームドスポ―ツ」の認証を受けるなど、商品の安全性確保に最善を尽くしています。

※アンチ・ドーピングの取り組み(https://www.dnszone.jp/about/anti_doping.php
※参考:日本スポーツ栄養協会 アンチ・ドーピングについてhttps://sndj-web.jp/anti-doping/chapter3/


■エリートアスリートライン 商品一覧


EAL.png



<本件に関する問い合わせ先>
株式会社DNS(担当:岡先)
電話:090-7549-4667
Mail:press_media@dnszone.jp
URL:https://www.dnszone.jp/