Advantage

高いレベルでの能力発揮をサポートするカテゴリー

エイチエムビー

エイチエムビー
HMB

エイチエムビー

アンチドーピング分析結果

  • 100g
  • 最終更新:2018/12/07
詳しい情報・ご購入はこちらから

QUICK FACTS

何が良いのか?
・分解の抑制と、合成のスイッチを入れる働きがある
摂るべき人
・効率的に身体作りを行いたい人
摂るべきタイミング
・トレーニング後
摂る量(目安)
・1日1,500~3,000㎜
1回分の値段
・61円
購入はこちら

最速でデカくなれ。

HMBは身体づくりに関し多くのエビデンスをもつ栄養素であり、向上心を持つウォリアーにはぜひとも使ってもらいたい。

しかし、イメージが先行する中、配合量や成分情報の記載が乏しいものや、使用方法に疑問が生じる内容も散見される。

また、HMBを含む商品には、いわゆるダイエット向けの商品や、海外ブランドの商品が多く、アスリートにとって重要なアンチドーピングの認証をパスした商品は非常に少ないという現状もある。

多くの向上心ある人に、この強力なHMBを正しく使ってもらいたい。

そんな思いから、DNSとして、「HMB」を発売に至る。

HMBを活用し、最速でデカくなれ。

HMBとは

20171219.jpg

HMBとは、BCAA 「分岐差アミノ酸」のロイシンの代謝物でβ-ヒドロキシβ-メチルブチレート(英:3-Hydroxy 3-MethylButyrate )を略してHMBと呼ばれている。

そして、インターネット通販を中心に、"プロテインの時代は終わった" "ダイエットの最終兵器" "有名タレント〇〇〇愛用の"など、様々なキャッチフレーズとともに多くの製品が販売されているHMB。

しかし、イメージ先行する中、実際詳しく商品をみると、配合量や成分情報の記載が乏しいものや、使用方法に疑問が生じる内容も散見される。

HMBには大きく3つの機能があり、筋たんぱくの合成促進、筋タンパクの分解抑制(※1、※2、※3) 筋細胞の細胞膜の安定化(※4、※5)。つまり、筋を強く、かつ付きやすくするのがHMB。ただ、本当にHMBだけ飲んでいいればよいのだろうか・・・。

HMBの主な3つの働きについて、いくつかのエビデンスに基づき説明する。

筋たんぱくの合成促進

筋の合成促進・分解抑制で欠かせないのが、"シグナル伝達"という概念だ。
"シグナル伝達"とは、体内で関係個所へ指示を出す信号伝達経路を示すもの。HMBは、筋の合成と分解抑制の"シグナル伝達"に関与する。

筋タンパク合成の伝達経路の一つに「mTOR (mammalian target of rapamycin)」と呼ばれる酵素を介した経路があり、HMBはこの経路のスイッチをONにすることにより筋の合成を促進させる。(※1) 

筋たんぱくの分解抑制

分解の抑制は、ユビキチン・プロテアソーム系という伝達経路があり、HMBはこの伝達経路のスイッチをOFFにすることで、筋タンパクの分解を抑制するという機能をもつ。(※2、※3)。

筋細胞の細胞膜の安定

筋細胞の細胞膜の安定化については、コレステロールについて触れる必要がある。
コレステロールは、ステロイドホルモンや細胞膜の合成に用いられる重要な成分だが、損傷した筋肉組織では、十分なコレステロールが合成されないと考えられている(※4)。HMBは、体内でのコレステロール合成において筋肉組織内のコレステロール合成を促進し、合成されたコレステロールは、損傷した筋細胞の細胞膜の再生に利用され、筋肉組織が速やかに安定化されるのではないかと報告されている。(※4、※5)

このようにHMBは、筋の合成・分解に関するスイッチと細胞膜の安定が主な役割であり間接的なもの。
故にHMB単体の摂取よりも、プロテイン等との併用がより相乗効果を得られると考えられている。

【 Reference 】

※1 Am J Physiol Endocrinol Metab 293;E923-E931, 2007
※2 Med Sci Sports Exerc 38(Suppl 5); S550-S551, 2006.
※3 Cancer Res 65; 277-283, 2005.
※4 J Nutr 130; 1937-1945, 2000.
※5 J Appl Physiol 81; 2095-2104, 1996.

もっと知りたい人はこちら↓


お召し上がり方

HMBは1日1.5~3.0g目途にプロテインなどと一緒に摂るのがオススメ。

推奨摂取タイミング

HMBは、いつ摂っても良いが、なるべく小分けに摂ると良いといわれている。朝1.5g、トレーニング後に1.5gで合計3.0g摂れば、盤石だ。