サプリメント最前線

アルギニンとシトルリンがウォリアーの身体を変える!~その働きとは ー前編ー

アルギニンとシトルリンがウォリアーの身体を変える!~その働きとは ー前編ー

ヒト自分で作り出すことができない9種類のアミノ酸。それを「必須アミノ酸(EAA) と呼ぶ。つまりEAAは外部から摂取する必要がある。

逆に自分で作り出すことのできるアミノ酸を「非必須アミノ酸(NEAAと呼ぶ。自分で作り出すことができるため、外部から摂取する必要はあまりなさそうだ。しかしウォリアーにとっては、そうでもない。体内で自然に作り出される量に加え、外部から追加摂取することによってパフォーマンスを劇的に改善できるアミノ酸。それが「アルギニン」と「シトルリン」だ。


アルギニンの作用とは

体内における重要な神経伝達物質に、「一酸化窒素(Nitric Oxide;NO)」がある。NOは神経伝達の他、タンパク質に働いてその構造と作用を変えたり、血管を広げて血流量を増やしたり、といった作用を持っている。さらに殺菌作用や血小板の凝集を抑制して血栓ができるのを防ぐ作用などもある。

NOはアルギニンを材料として作られる。つまりアルギニンを摂取することで、NOの産生を高めることができるのだ。NOが増加して血流が増加すれば、酸素や栄養物質を体内のさまざまな組織に運び込むのが容易になる。

実際にアルギニンを摂取することで酸素や栄養素の運搬がスムーズになり、持久力が向上したという報告がある(※1, ※2, ※3)

また12名の男性テコンドー選手や22名の男女ハンドボール選手を対象にした研究では、BCAAとアルギニンを同時に摂取したところ、非摂取群と比較してスプリントパフォーマンス改善中枢性疲労軽減顕著に見て取れた、という報告もある(※4, ※5)

さらにアルギニンのNOに依存しない効果として、成長ホルモンの分泌を増やしたり、アンモニアの除去を促進したり、クレアチンの材料になったりといった作用も期待できる。

コペンハーゲンでの研究ではアルギニンの摂取量が多い子どもは身長の伸びが大きいことが明らかになっており(※6)、これはアルギニンの成長ホルモン分泌作用によるものだと思われる。
成長ホルモンはコラーゲンの合成を促進するため、アルギニン摂取はケガの回復にも有効になるはずだ。

(後編へ続く)
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ