DNS ZONE

DNS ZONE

健康・体力・美容UP

秋のコンディションを維持していけ!

秋のコンディションを維持していけ!

DESIRE TO EVOLUTION

健康・体力・美容UP

秋のコンディションを維持していけ!

秋のコンディションを維持していけ!

夏と冬の間は短い。もはや日本の秋は季節の境目と考えていいぐらいだろう。そして、この時期はコンディションを崩しがちだ。

■水分補給を怠るな!

夏は暑く、喉が渇き、自然と水分摂取をしようとする。しかし涼しくなって喉の渇きが収まると、水分摂取量が減ってきてしまう。

実はこれが大きな問題だ。

脱水は喉の渇きを覚える前に進行しており、無自覚にウォリアーのパフォーマンスを低下させてしまうのである。

汗をかきにくい秋は、脱水の心配は不要ではないか。そう思うだろうが実は違う。

秋になり空気が乾燥すると、皮膚や呼吸からの水分蒸発が多くなり、知らず知らずのうちに体内の水分量が減ってしまうのである。

これを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼ぶ。不感蒸泄によって水分が減ると血液が濃くなって流れが悪くなり、酸素や栄養素の運搬能力も滞ってしまう。

これを防ぐには、喉が渇く前に意識的に水分を補給することだ。

そして、できれば水分だけでなくミネラルも補給したい。水分が失われる時は、ナトリウムやカリウムなどのミネラルも同時に失われているからだ。

DNSハイドレートプロならば、1500mlあたり食塩として0.6g、カリウム106.5mgを摂ることができ、同時にホエイプロテインも15.5g補給できる。喉の渇きを覚えないうちに、ハイドレートプロを注入したい。

ハイドレートプロ

【1本(500ml)あたり】

エネルギー:70kcal、たんぱく質:15.5g、脂質:0g、炭水化物: 2.5g、食塩相当量:0.6g、カリウム:106.5mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

またミネラルをさらに意識するのなら、DNSR.E.D.をお勧めしたい。こちらはナトリウムとカリウムの他、カルシウムやマグネシウムも摂ることができ、同時に、吸収の速い糖質やホエイペプチドを補給できる。

■免疫力を高めていけ!

ウォリアーはハードトレーニングによるストレスを常に受けている。ストレスを受けると、筋肉からグルタミンが失われる。そしてグルタミンが失われると、免疫力が低下してしまう。

大事な試合が終わった後にコンディションを崩したり、引っ越しの後に風邪を引いてしまったりするのは、ストレスによるグルタミン減少が免疫低下の引き金になってしまっているのだ。

好中球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞は、グルタミンをエネルギーとして使っている。またグルタミンの濃度が高いほど、リンパ球の増殖も起こりやすくなる。グルタミンはリンパ球やマクロファージのエネルギーを補給するため、グルタミンを摂取することで免疫レベルが高まり、風邪を引きにくくなったり、ケガからの回復を早めたりすることが可能となる(※1, 2, 3, 4)。

また体内には「グルタチオン」という、解毒や抗酸化などに働き、風邪などとも戦ってくれる物質がある。グルタチオンは3つのアミノ酸から作られるトリペプチドで、グルタミン酸とシステイン、グリシンが材料となる。この3つのアミノ酸を補給してくれるのがホエイプロテインだ。つまりホエイプロテインを飲むだけで、免疫を高めることができるということだ。

ホエイプロテインにグルタミンを追加配合し、ダメージから身体を守るプロテインが「ホエイプロテインG+」だ。1食33g当たりにたんぱく質が26.4g含まれる(チョコレート風味の場合)だけでなく、グルタミンが5,000mgも配合されている。

ホエイプロテインG+

【1食(33g)あたり】

エネルギー:138kcal、たんぱく質:24.9g、脂質:2.6g、炭水化物:3.3g、食塩相当量:0.2g、グルタミン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

日常的に使うプロテインとしてホエイプロテインG+を飲むようにすれば、筋肉を増やすだけでなく、コンディション維持の対策としても万全であろう。寒くなると風邪に悩まされるウォリアーには、ぜひ常用することをオススメする。

■冬こそ身体を絞っていけ!

冬は活動量が減り、また食欲も増加するために太りやすい季節と言われる。しかし実は冬の方が基礎代謝は高くなり、絞ることには適している。

冬は寒いため、体温をキープする必要がある。そのため身体は熱を産生しようとする。この時に褐色脂肪組織が活性化され、基礎代謝が高まる。つまり、何もしなくても自然に消費エネルギーが増加するわけだ。

では褐色脂肪組織とは何か。

私たちは寒さを感じると、筋肉が震えることによって体温をキープする。これを「ふるえ熱産生」と呼ぶ。感染時に身体が震えるのも、この仕組みによるものだ。

これとは別に、震えを伴わずに体温をキープする方法もある。それを「非ふるえ熱産生」と呼ぶ。これを引き起こすのが褐色脂肪組織だ。

褐色脂肪組織が熱を発生するためには、ミトコンドリアでスムーズにATPが合成されなければならない。このときに必要となるのがCoQ10である。残念ながら加齢によって体内のCoQ10は減っていくため、これを外部からサプリメントとして摂取することによって、エネルギー合成がスムーズにいくようになる。

また体脂肪を燃やすためには、ミトコンドリアに脂肪が運び込まれる必要がある。これを行ってくれるのがカルニチンだ。カルニチンはリジンとメチオニンから体内で合成することができる。しかしこれもCoQ10と同様に、加齢によって体内での合成量が徐々に低下していく。そのため、カルニチンもサプリメントとして摂取したい。

ここにカテキンも入れば盤石だろう。カテキンはいわゆるお茶の苦みや渋みの基となる物質で、その有用性が取り上げられるようになって久しい。「体脂肪が気になる方へ」 というキャッチコピーのもとで売り出されている商品を見たことあるかもしれないが、この側面の働きも注目されている。つまりカテキンが脂肪の吸収を妨げ、カルニチンが脂肪をミトコンドリアに運び込み、CoQ10が脂肪をエネルギーに変えて燃やしてくれる。この三者がリレーのように手を取り合い、体脂肪を減らしてくれるのだ。

DNSの「バーニングSP」はまさにこのカテキンとカルニチン、CoQ10を配合している。

寒い時季に身体を絞り込み、次のシーズンでは軽快な動きを達成できるようにしていきたい。

バーニングSP

【1袋(9粒3,177mg)あたり】

エネルギー:12.8kcal、たんぱく質:0.96g、脂質:0.16g、炭水化物:1.89g、食塩相当量: 0.0012g、カルニチン:750mg、カテキン:250㎎、コエンザイムQ10:80mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

【参考文献】

  • ※1: Why is L-glutamine metabolism important to cells of the immune system in health, postinjury, surgery or infection? J Nutr. 2001 Sep;131(9 Suppl):2515S-22S; discussion 2523S-4S
  • ※2: Clinical applications of L-glutamine: past, present, and future. Nutr Clin Pract. 2003 Oct;18(5):377-85.
  • ※3: Glutamine supplementation prevents exercise-induced neutrophil apoptosis and reduces p38 MAPK and JNK phosphorylation and p53 and caspase 3 expression. Cell Biochem Funct. 2007 Sep-Oct;25(5):563-9.
  • ※4: Amino acids and immune function. Br J Nutr. 2007 Aug;98(2):237-52. Epub 2007 Apr 3.
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

夏と冬の間は短い。もはや日本の秋は季節の境目と考えていいぐらいだろう。そして、この時期はコンディションを崩しがちだ。

■水分補給を怠るな!

夏は暑く、喉が渇き、自然と水分摂取をしようとする。しかし涼しくなって喉の渇きが収まると、水分摂取量が減ってきてしまう。

実はこれが大きな問題だ。

脱水は喉の渇きを覚える前に進行しており、無自覚にウォリアーのパフォーマンスを低下させてしまうのである。

汗をかきにくい秋は、脱水の心配は不要ではないか。そう思うだろうが実は違う。

秋になり空気が乾燥すると、皮膚や呼吸からの水分蒸発が多くなり、知らず知らずのうちに体内の水分量が減ってしまうのである。

これを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼ぶ。不感蒸泄によって水分が減ると血液が濃くなって流れが悪くなり、酸素や栄養素の運搬能力も滞ってしまう。

これを防ぐには、喉が渇く前に意識的に水分を補給することだ。

そして、できれば水分だけでなくミネラルも補給したい。水分が失われる時は、ナトリウムやカリウムなどのミネラルも同時に失われているからだ。

DNSハイドレートプロならば、1500mlあたり食塩として0.6g、カリウム106.5mgを摂ることができ、同時にホエイプロテインも15.5g補給できる。喉の渇きを覚えないうちに、ハイドレートプロを注入したい。

ハイドレートプロ

【1本(500ml)あたり】

エネルギー:70kcal、たんぱく質:15.5g、脂質:0g、炭水化物: 2.5g、食塩相当量:0.6g、カリウム:106.5mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

またミネラルをさらに意識するのなら、DNSR.E.D.をお勧めしたい。こちらはナトリウムとカリウムの他、カルシウムやマグネシウムも摂ることができ、同時に、吸収の速い糖質やホエイペプチドを補給できる。

■免疫力を高めていけ!

ウォリアーはハードトレーニングによるストレスを常に受けている。ストレスを受けると、筋肉からグルタミンが失われる。そしてグルタミンが失われると、免疫力が低下してしまう。

大事な試合が終わった後にコンディションを崩したり、引っ越しの後に風邪を引いてしまったりするのは、ストレスによるグルタミン減少が免疫低下の引き金になってしまっているのだ。

好中球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞は、グルタミンをエネルギーとして使っている。またグルタミンの濃度が高いほど、リンパ球の増殖も起こりやすくなる。グルタミンはリンパ球やマクロファージのエネルギーを補給するため、グルタミンを摂取することで免疫レベルが高まり、風邪を引きにくくなったり、ケガからの回復を早めたりすることが可能となる(※1, 2, 3, 4)。

また体内には「グルタチオン」という、解毒や抗酸化などに働き、風邪などとも戦ってくれる物質がある。グルタチオンは3つのアミノ酸から作られるトリペプチドで、グルタミン酸とシステイン、グリシンが材料となる。この3つのアミノ酸を補給してくれるのがホエイプロテインだ。つまりホエイプロテインを飲むだけで、免疫を高めることができるということだ。

ホエイプロテインにグルタミンを追加配合し、ダメージから身体を守るプロテインが「ホエイプロテインG+」だ。1食33g当たりにたんぱく質が26.4g含まれる(チョコレート風味の場合)だけでなく、グルタミンが5,000mgも配合されている。

ホエイプロテインG+

【1食(33g)あたり】

エネルギー:138kcal、たんぱく質:24.9g、脂質:2.6g、炭水化物:3.3g、食塩相当量:0.2g、グルタミン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

日常的に使うプロテインとしてホエイプロテインG+を飲むようにすれば、筋肉を増やすだけでなく、コンディション維持の対策としても万全であろう。寒くなると風邪に悩まされるウォリアーには、ぜひ常用することをオススメする。

■冬こそ身体を絞っていけ!

冬は活動量が減り、また食欲も増加するために太りやすい季節と言われる。しかし実は冬の方が基礎代謝は高くなり、絞ることには適している。

冬は寒いため、体温をキープする必要がある。そのため身体は熱を産生しようとする。この時に褐色脂肪組織が活性化され、基礎代謝が高まる。つまり、何もしなくても自然に消費エネルギーが増加するわけだ。

では褐色脂肪組織とは何か。

私たちは寒さを感じると、筋肉が震えることによって体温をキープする。これを「ふるえ熱産生」と呼ぶ。感染時に身体が震えるのも、この仕組みによるものだ。

これとは別に、震えを伴わずに体温をキープする方法もある。それを「非ふるえ熱産生」と呼ぶ。これを引き起こすのが褐色脂肪組織だ。

褐色脂肪組織が熱を発生するためには、ミトコンドリアでスムーズにATPが合成されなければならない。このときに必要となるのがCoQ10である。残念ながら加齢によって体内のCoQ10は減っていくため、これを外部からサプリメントとして摂取することによって、エネルギー合成がスムーズにいくようになる。

また体脂肪を燃やすためには、ミトコンドリアに脂肪が運び込まれる必要がある。これを行ってくれるのがカルニチンだ。カルニチンはリジンとメチオニンから体内で合成することができる。しかしこれもCoQ10と同様に、加齢によって体内での合成量が徐々に低下していく。そのため、カルニチンもサプリメントとして摂取したい。

ここにカテキンも入れば盤石だろう。カテキンはいわゆるお茶の苦みや渋みの基となる物質で、その有用性が取り上げられるようになって久しい。「体脂肪が気になる方へ」 というキャッチコピーのもとで売り出されている商品を見たことあるかもしれないが、この側面の働きも注目されている。つまりカテキンが脂肪の吸収を妨げ、カルニチンが脂肪をミトコンドリアに運び込み、CoQ10が脂肪をエネルギーに変えて燃やしてくれる。この三者がリレーのように手を取り合い、体脂肪を減らしてくれるのだ。

DNSの「バーニングSP」はまさにこのカテキンとカルニチン、CoQ10を配合している。

寒い時季に身体を絞り込み、次のシーズンでは軽快な動きを達成できるようにしていきたい。

バーニングSP

【1袋(9粒3,177mg)あたり】

エネルギー:12.8kcal、たんぱく質:0.96g、脂質:0.16g、炭水化物:1.89g、食塩相当量: 0.0012g、カルニチン:750mg、カテキン:250㎎、コエンザイムQ10:80mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

【参考文献】

  • ※1: Why is L-glutamine metabolism important to cells of the immune system in health, postinjury, surgery or infection? J Nutr. 2001 Sep;131(9 Suppl):2515S-22S; discussion 2523S-4S
  • ※2: Clinical applications of L-glutamine: past, present, and future. Nutr Clin Pract. 2003 Oct;18(5):377-85.
  • ※3: Glutamine supplementation prevents exercise-induced neutrophil apoptosis and reduces p38 MAPK and JNK phosphorylation and p53 and caspase 3 expression. Cell Biochem Funct. 2007 Sep-Oct;25(5):563-9.
  • ※4: Amino acids and immune function. Br J Nutr. 2007 Aug;98(2):237-52. Epub 2007 Apr 3.