DNS ZONE

DNS ZONE

cover

Nutrition Guide

身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

7-1.ビタミンを知ろう

糖質・脂質・たんぱく質と比較すると、ビタミンについて詳しく説明できる人はあまり多くないのではないだろうか?しかしビタミン摂取が不足すれば、ヒトはエネルギーを作り出すことも、身体を作ることもできない。そして最悪の場合には、欠乏症で死に至ることもある。

ビタミンとは一体何か、どんな働きを持つのか、そしてどの程度摂取すべきなのか、是非ともしっかり理解してほしい。

 

ビタミンとはそもそも何なのか?

ビタミンとはヒトが健康を維持してゆく中で必要な栄養素の中で、炭水化物・たんぱく質・脂質・ミネラル以外の栄養素である。
ビタミン自体は有機化合物であり、ヒトの生体内で合成できないか、あるいは生きるうえでの必要量を作り出せない為に食事からの摂取が必須である。ビタミンの主な働きとして、代謝を円滑に進める手助けをする、他の栄養素の吸収を促進する、あるいは骨の形成に関わるなど多岐にわたる。必要量が不足し続けると欠乏症となり、病気やケガ、最悪の場合死に至ることさえある。

 

ビタミンの種類と分類

現在ビタミンとして認められている成分は13種類ある。ビタミンはその性質によって脂溶性と水溶性に分けることが出来る。

水溶性ビタミン
ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン(以上8つをビタミンB群と呼ぶ)・ビタミンC

脂溶性ビタミン
ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK

 

アスリートにおけるビタミン補給の考え方

ビタミンの必要量は、運動量の増加に伴い上昇すると考えられている。故に日々激しいトレーニングに取り組んでいるアスリートは、一般人よりもビタミンの摂取量に気を使わなければならない。
ここ数年、アスリートを取り巻く食環境が整備されたことやアスリート自身の食事・栄養への意識向上などにより、ひと昔前と比較してビタミン摂取への意識は高まった。しかしながら、中には食事のみで十分に補給することが難しいものもあることから、摂り切れない分を補う形でサプリメントを有効活用するといいだろう。一方でビタミンの過剰摂取は健康被害に繋がるものもあるため、サプリメントをむやみに大量摂取してはならない。アスリートは栄養士をはじめとする専門家の意見を聞きながら自身の各ビタミン必要量を考えてほしい。

Nutrition Guide 身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

7-1.ビタミンを知ろう

糖質・脂質・たんぱく質と比較すると、ビタミンについて詳しく説明できる人はあまり多くないのではないだろうか?しかしビタミン摂取が不足すれば、ヒトはエネルギーを作り出すことも、身体を作ることもできない。そして最悪の場合には、欠乏症で死に至ることもある。

ビタミンとは一体何か、どんな働きを持つのか、そしてどの程度摂取すべきなのか、是非ともしっかり理解してほしい。

 

ビタミンとはそもそも何なのか?

ビタミンとはヒトが健康を維持してゆく中で必要な栄養素の中で、炭水化物・たんぱく質・脂質・ミネラル以外の栄養素である。
ビタミン自体は有機化合物であり、ヒトの生体内で合成できないか、あるいは生きるうえでの必要量を作り出せない為に食事からの摂取が必須である。ビタミンの主な働きとして、代謝を円滑に進める手助けをする、他の栄養素の吸収を促進する、あるいは骨の形成に関わるなど多岐にわたる。必要量が不足し続けると欠乏症となり、病気やケガ、最悪の場合死に至ることさえある。

 

ビタミンの種類と分類

現在ビタミンとして認められている成分は13種類ある。ビタミンはその性質によって脂溶性と水溶性に分けることが出来る。

水溶性ビタミン
ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン(以上8つをビタミンB群と呼ぶ)・ビタミンC

脂溶性ビタミン
ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK

 

アスリートにおけるビタミン補給の考え方

ビタミンの必要量は、運動量の増加に伴い上昇すると考えられている。故に日々激しいトレーニングに取り組んでいるアスリートは、一般人よりもビタミンの摂取量に気を使わなければならない。
ここ数年、アスリートを取り巻く食環境が整備されたことやアスリート自身の食事・栄養への意識向上などにより、ひと昔前と比較してビタミン摂取への意識は高まった。しかしながら、中には食事のみで十分に補給することが難しいものもあることから、摂り切れない分を補う形でサプリメントを有効活用するといいだろう。一方でビタミンの過剰摂取は健康被害に繋がるものもあるため、サプリメントをむやみに大量摂取してはならない。アスリートは栄養士をはじめとする専門家の意見を聞きながら自身の各ビタミン必要量を考えてほしい。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

DNS Tech

Training Guide

プロテインの基礎知識