DNS ZONE

DNS ZONE

健康・体力・美容UP

夏を乗り切るプロテインアレンジ

夏を乗り切るプロテインアレンジ

DESIRE TO EVOLUTION

健康・体力・美容UP

夏を乗り切るプロテインアレンジ

夏を乗り切るプロテインアレンジ

もはや熱帯地方とも言える日本の夏。プロテインを飲むにも少々きつい。そこでプロテインをアレンジしておいしく飲む方法を伝授しよう。

 ■ブラックコーヒー割り

プロテインの味といえばバニラやチョコなどである。DNSのプロテインは水で溶かしても普通においしく飲むことができるが、酷暑の中ではその甘さが少し負担となるかもしれない。

そこでお勧めしたいのが、苦い飲み物で割ることである。苦くておいしいといえば、そう、ブラックコーヒーだ。ブラックコーヒーでプロテインを溶かせば、ほどよい甘さとなってゴクゴク飲むことができるだろう。

特にプレミアムチョコレート風味ビターチョコレート風味カフェオレ風味との相性がいいが、リッチバニラ風味もなかなかおいしく飲むことができる。


また、バナナオレ風味はチョコバナナのようになり、これもおいしく飲めるはずだ。甘さを避けたい場合はプレーン味もいい。コーヒーにクリープを入れたような、ミルキーな味わいを楽しむことができる。

コーヒーにはカフェインが含まれており、脂肪燃焼や持久力向上作用なども期待できる。またクロロゲン酸などのポリフェノールが健康にいい効果をもたらしてくれることも知られている。パフォーマンス向上のためにも健康のためにも、プロテインのブラックコーヒー割りは強くお勧めしたい。

またブラックコーヒーを飲みたいけれど苦いのがダメ、という人にも、適度な甘さが加えられるブラックコーヒー割りは福音をもたらすだろう。

ホエイプロテイン HMB & クレアチン

【1食(35g)あたり】

エネルギー:141kcal、たんぱく質:25.2g(無水物換算値: 25.9g)、脂質:1.9g、炭水化物:5.5g、食塩相当量:0.2g、HMBCa:1,500mg、クレアチン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

■100%ジュース割り

バルクアップやエネルギー確保のため、糖質を多めに摂取したい。でも夏バテで米やパンを食べるのは大変。そんなウォリアーも多いだろう。

このような場合にお勧めしたいのが、プロテインの100%ジュース割りである。

100%ジュースといってもいろいろあるが、特にここで勧めたいのはグレープフルーツジュースとオレンジジュースだ。どちらも酸味があり、酷暑のなかでもゴクゴク飲むことができる。

グレープフルーツジュースとオレンジジュースの酸味はクエン酸からくるものだ。

クエン酸は疲労回復作用やグリコーゲン回復作用があることが知られているため、ただ糖質を補給するだけでなく、パフォーマンスの改善も期待できる。もちろんビタミンCの補給も行うことができる。


グレープフルーツジュースあるいはオレンジジュースと相性がいいのは、トロピカルマンゴー風味レモン風味フルーツミックス風味エナジードリンク風味などだ。これらもぜひ試してほしい。

■最初から清涼感のあるフレーバーを

 一方、普通に水に溶かしておいしく飲めるフレーバーを選ぶ方法もある。具体的には清涼感のあるチョコミント風味ライチ風味スポーツドリンク風味などだ。ぜひ、これらのフレーバーも試してみよう。

プロテインホエイ100 (チョコミント風味)

【1食(35g)あたり】

エネルギー:137kcal、たんぱく質:24.8g(無水物換算値: 26.0g)、脂質:1.9g、炭水化物:5.2g、食塩相当量:0.4g

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

■2種類のプロテインを混ぜてみる

異なるフレーバーの2種類のプロテインを混ぜて飲んでみるのもお勧めだ。プレミアムチョコレート風味バナナオレ風味を1:1で混ぜるとチョコバナナ、いちごミルク風味プレミアムチョコレート風味を1:1で混ぜると、往年のチョコレート菓子のような味わいを楽しめる。抹茶風味リッチバニラ風味を6:4の割合で混ぜれば、抹茶フラッペになる。

 ■プロテインアレンジ

また、抹茶風味を濃いめに作ってかき氷にかけてみてはどうだろう。ホエイ100抹茶風味では、原料に本物の抹茶を使用している。プロテインとしてではなく、上質な抹茶としての満足感を得られるはずだ。

エナジードリンク風味を少量の水で溶かした後、炭酸水を入れて飲むのもお勧めだ。


 ■プロテインアイス

100円ショップの棚を見回せば、シリコン製のアイスメーカーが売っているはずだ。これは簡単。好きな味のプロテインをシェイカーで溶かし(水でOK)、それを型に入れて冷凍庫で冷やすだけだ。

型にはバータイプのものもあるし、ひと口サイズのものもある。食後のデザートにするもよし、トレーニング後の楽しみにするもよし。いろいろな味のプロテインで試してみよう。


 
■プロテインスイーツにチャレンジ!

 ひと手間かけても構わないのならば、プロテインでスイーツを作ってみよう。いくつかのレシピを紹介したい。

 〇プロテインマンゴームース 2人分
 ・DNSプロテインホエイ100 (トロピカルマンゴー味)…35g
 ・60度のお湯…100cc
 ・顆粒ゼラチン…7g
 ・マンゴー缶詰…100g程度
 ・エリスリトールなどの天然甘味料…15g

ボウルにお湯を入れ、顆粒ゼラチンを入れて溶かす。それをミキサーに入れ、さらに残りの材料をすべて入れてかき混ぜる。器に入れて冷蔵庫で冷やす。

 〇プロテインオートミールクッキー 10枚分
 ・オートミール…120g
 ・好きな味のプロテイン…30g
 ・バナナ…1
 ・バター…50g
 ・全卵…1
 ・クルミ…15g
 ・ベーキングパウダー…小さじ1/4
 ・エリスリトールなどの天然甘味料…5g

オートミールをミルミキサーなどで粗挽きにし、そこにプロテインとベーキングパウダーを混ぜる。バターはレンジで溶かし、甘味料を加えておく。クルミは砕き、卵は溶いておく。バナナはミキサーなどでピューレ状に。フォークなどで潰してもOKだ。すべてを混ぜ合わせ、オーブンの角皿にクッキングペーパーを敷き、10等分した生地を等間隔にスプーンなどで落とし、11つを薄く伸ばし丸い形を作る。180℃のオーブンで18分ほど焼いたらでき上がりだ。

 酷暑の夏こそ、普段とは違う味のプロテインを楽しめる。そうポジティブにとらえて、夏を乗り切ろう。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

もはや熱帯地方とも言える日本の夏。プロテインを飲むにも少々きつい。そこでプロテインをアレンジしておいしく飲む方法を伝授しよう。

 ■ブラックコーヒー割り

プロテインの味といえばバニラやチョコなどである。DNSのプロテインは水で溶かしても普通においしく飲むことができるが、酷暑の中ではその甘さが少し負担となるかもしれない。

そこでお勧めしたいのが、苦い飲み物で割ることである。苦くておいしいといえば、そう、ブラックコーヒーだ。ブラックコーヒーでプロテインを溶かせば、ほどよい甘さとなってゴクゴク飲むことができるだろう。


特にプレミアムチョコレート風味ビターチョコレート風味カフェオレ風味との相性がいいが、リッチバニラ風味もなかなかおいしく飲むことができる。また、バナナオレ風味はチョコバナナのようになり、これもおいしく飲めるはずだ。甘さを避けたい場合はプレーン味もいい。コーヒーにクリープを入れたような、ミルキーな味わいを楽しむことができる。

コーヒーにはカフェインが含まれており、脂肪燃焼や持久力向上作用なども期待できる。またクロロゲン酸などのポリフェノールが健康にいい効果をもたらしてくれることも知られている。パフォーマンス向上のためにも健康のためにも、プロテインのブラックコーヒー割りは強くお勧めしたい。

またブラックコーヒーを飲みたいけれど苦いのがダメ、という人にも、適度な甘さが加えられるブラックコーヒー割りは福音をもたらすだろう。

ホエイプロテイン HMB & クレアチン

【1食(35g)あたり】

エネルギー:141kcal、たんぱく質:25.2g(無水物換算値: 25.9g)、脂質:1.9g、炭水化物:5.5g、食塩相当量:0.2g、HMBCa:1,500mg、クレアチン:5,000mg

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

■100%ジュース割り

バルクアップやエネルギー確保のため、糖質を多めに摂取したい。でも夏バテで米やパンを食べるのは大変。そんなウォリアーも多いだろう。

このような場合にお勧めしたいのが、プロテインの100%ジュース割りである。

100%ジュースといってもいろいろあるが、特にここで勧めたいのはグレープフルーツジュースとオレンジジュースだ。どちらも酸味があり、酷暑のなかでもゴクゴク飲むことができる。


グレープフルーツジュースとオレンジジュースの酸味はクエン酸からくるものだ。クエン酸は疲労回復作用やグリコーゲン回復作用があることが知られているため、ただ糖質を補給するだけでなく、パフォーマンスの改善も期待できる。もちろんビタミンCの補給も行うことができる。

グレープフルーツジュースあるいはオレンジジュースと相性がいいのは、トロピカルマンゴー風味レモン風味フルーツミックス風味エナジードリンク風味などだ。これらもぜひ試してほしい。

■最初から清涼感のあるフレーバーを

 一方、普通に水に溶かしておいしく飲めるフレーバーを選ぶ方法もある。具体的には清涼感のあるチョコミント風味ライチ風味スポーツドリンク風味などだ。ぜひ、これらのフレーバーも試してみよう。

プロテインホエイ100 (チョコミント風味)

【1食(35g)あたり】

エネルギー:137kcal、たんぱく質:24.8g(無水物換算値: 26.0g)、脂質:1.9g、炭水化物:5.2g、食塩相当量:0.4g

詳しい情報・ご購入はこちらから DNS Online Shop

 ■2種類のプロテインを混ぜてみる

異なるフレーバーの2種類のプロテインを混ぜて飲んでみるのもお勧めだ。プレミアムチョコレート風味バナナオレ風味を1:1で混ぜるとチョコバナナ、いちごミルク風味プレミアムチョコレート風味を1:1で混ぜると、往年のチョコレート菓子のような味わいを楽しめる。抹茶風味リッチバニラ風味を6:4の割合で混ぜれば、抹茶フラッペになる。

 ■プロテインアレンジ

また、抹茶風味を濃いめに作ってかき氷にかけてみてはどうだろう。ホエイ100抹茶風味では、原料に本物の抹茶を使用している。プロテインとしてではなく、上質な抹茶としての満足感を得られるはずだ。


エナジードリンク風味を少量の水で溶かした後、炭酸水を入れて飲むのもお勧めだ。

 ■プロテインアイス

100円ショップの棚を見回せば、シリコン製のアイスメーカーが売っているはずだ。これは簡単。好きな味のプロテインをシェイカーで溶かし(水でOK)、それを型に入れて冷凍庫で冷やすだけだ。

型にはバータイプのものもあるし、ひと口サイズのものもある。食後のデザートにするもよし、トレーニング後の楽しみにするもよし。いろいろな味のプロテインで試してみよう。


 ■プロテインスイーツにチャレンジ!

 ひと手間かけても構わないのならば、プロテインでスイーツを作ってみよう。いくつかのレシピを紹介したい。

 〇プロテインマンゴームース 2人分
 ・DNSプロテインホエイ100 (トロピカルマンゴー味)…35g
 ・60度のお湯…100cc
 ・顆粒ゼラチン…7g
 ・マンゴー缶詰…100g程度
 ・エリスリトールなどの天然甘味料…15g

ボウルにお湯を入れ、顆粒ゼラチンを入れて溶かす。それをミキサーに入れ、さらに残りの材料をすべて入れてかき混ぜる。器に入れて冷蔵庫で冷やす。

 〇プロテインオートミールクッキー 10枚分
 ・オートミール…120g
 ・好きな味のプロテイン…30g
 ・バナナ…1
 ・バター…50g
 ・全卵…1
 ・クルミ…15g
 ・ベーキングパウダー…小さじ1/4
 ・エリスリトールなどの天然甘味料…5g

オートミールをミルミキサーなどで粗挽きにし、そこにプロテインとベーキングパウダーを混ぜる。バターはレンジで溶かし、甘味料を加えておく。クルミは砕き、卵は溶いておく。バナナはミキサーなどでピューレ状に。フォークなどで潰してもOKだ。すべてを混ぜ合わせ、オーブンの角皿にクッキングペーパーを敷き、10等分した生地を等間隔にスプーンなどで落とし、11つを薄く伸ばし丸い形を作る。180℃のオーブンで18分ほど焼いたらでき上がりだ。

 酷暑の夏こそ、普段とは違う味のプロテインを楽しめる。そうポジティブにとらえて、夏を乗り切ろう。

DNSプロテインはこちら