DNS ZONE

DNS ZONE

cover

Nutrition Guide

身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

4-1.アミノ酸、EAAとは?

タンパク質は、最小単位であるアミノ酸がいくつもペプチド結合して構成されている。アミノ酸がいくつ繋がっているかによって呼び方が異なり、50個以上結合しているものをタンパク質、2~50個未満であればペプチド、アミノ酸が1つの場合はそのままアミノ酸と呼ばれる(図1)。

 

図1. たんぱく質図1. たんぱく質(プロテイン)の分解 ペプチドとアミノ酸(プロテイン)→ペプチド→アミノ酸

図1. タンパク質(プロテイン)の分解 ペプチドとアミノ酸

 

EAAとは一体何だろうか?

タンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類ある。これら20種類のアミノ酸は、体内で合成できないため食事から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸(EAA:Essential Amino Acids)と、体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸(NEAA:Non-Essential Amino Acids)の2つに分類することが出来る(表1)。

必須アミノ酸(EAA)9種類…生体内で合成できない。食事からの摂取が必要
非必須アミノ酸(NEAA)11種類…生体内で合成できる。

骨格筋量の増加を狙うのであれば、9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取することが重要となる。肉や魚、鶏卵といった動物性のたんぱく質源は必須アミノ酸のバランスがよい食品であると知られている。3-4.プロテインの種類とは?で示したホエイ、カゼイン、そしてソイプロテインも、必須アミノ酸がバランスよく含まれている。スポーツサプリメント市場を見ると、プロテインだけではなく必須アミノ酸そのものも、EAAもサプリメントとして販売されている。

表1. 必須アミノ酸(EAA)と非必須アミノ酸(NEAA)

EAAとNEAA

 

上記の様にアミノ酸はタンパク質の構成要素としての働きを持つが、20種類のアミノ酸の中には、そのものが筋タンパク質合成を促進させる、運動時のエネルギー源となる、あるいは免疫系にポジティブな作用をもたらすなどの働きをもつものが存在する。

次は、このように特別な働きを持つアミノ酸の主要なものについてそれぞれ詳しく解説する。

4-2.より高い次元へ BCAA
4-3.筋肥大の要 ロイシン

Nutrition Guide 身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

4-1.アミノ酸、EAAとは?

タンパク質は、最小単位であるアミノ酸がいくつもペプチド結合して構成されている。アミノ酸がいくつ繋がっているかによって呼び方が異なり、50個以上結合しているものをタンパク質、2~50個未満であればペプチド、アミノ酸が1つの場合はそのままアミノ酸と呼ばれる(図1)。

 

図1. たんぱく質図1. たんぱく質(プロテイン)の分解 ペプチドとアミノ酸(プロテイン)→ペプチド→アミノ酸

図1. タンパク質(プロテイン)の分解 ペプチドとアミノ酸

 

EAAとは一体何だろうか?

タンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類ある。これら20種類のアミノ酸は、体内で合成できないため食事から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸(EAA:Essential Amino Acids)と、体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸(NEAA:Non-Essential Amino Acids)の2つに分類することが出来る(表1)。

必須アミノ酸(EAA)9種類…生体内で合成できない。食事からの摂取が必要
非必須アミノ酸(NEAA)11種類…生体内で合成できる。

骨格筋量の増加を狙うのであれば、9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取することが重要となる。肉や魚、鶏卵といった動物性のたんぱく質源は必須アミノ酸のバランスがよい食品であると知られている。3-4.プロテインの種類とは?で示したホエイ、カゼイン、そしてソイプロテインも、必須アミノ酸がバランスよく含まれている。スポーツサプリメント市場を見ると、プロテインだけではなく必須アミノ酸そのものも、EAAもサプリメントとして販売されている。

表1. 必須アミノ酸(EAA)と非必須アミノ酸(NEAA)

EAAとNEAA

 

上記の様にアミノ酸はタンパク質の構成要素としての働きを持つが、20種類のアミノ酸の中には、そのものが筋タンパク質合成を促進させる、運動時のエネルギー源となる、あるいは免疫系にポジティブな作用をもたらすなどの働きをもつものが存在する。

次は、このように特別な働きを持つアミノ酸の主要なものについてそれぞれ詳しく解説する。

4-2.より高い次元へ BCAA
4-3.筋肥大の要 ロイシン

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

DNS Tech

Training Guide

プロテインの基礎知識