TRAINING GUIDE パフォーマンスアップを実現するトレーニング情報 トレーニング、プログラムのキーポイントを紹介

三角筋のトレーニング

サイドレイズ

  • 胴体をまっすぐ保つ。
  • ダンベルを腰の横に持つ。
  • 肘は若干曲げておく。
  • 腕が地面と平行になるまでダンベルを引き上げる。
  • 少し時間を置いて、ゆっくりとスタート地点まで戻す。

肩でダンベルを上げている間、なるべく胴体を動かさないようにする。

ショルダープレス

  • ベンチの背もたれに背中をぴったりとつけ、足は地面につける。
  • 肩幅にダンベルを持ち、わずかに肩よりも上に持ち上げた状態からスタートする。
  • 手のひらを前に向たまま、ダンベルを押し上げる。
  • ゆっくりとダンベルをスタート地点まで戻す。

背中は常に背もたれにつけた状態を保つ。

アップライトロウ

  • バーのグリップは肩幅程度に持つ。
  • バーをなるべく胴体から離さず、顎まで引き上げる。
    肘は常に手首よりも上にくるように。
  • ゆっくりとバーをスタート地点まで戻す。

一連の動作中、胴体と肩はまっすぐ保つ。

リアレイズ

  • インクラインベンチの上にうつ伏せに乗る。
  • 腕をまっすぐ下ろし、手のひらは内側に向けて肘をわずかに曲げる。
  • ゆっくりとダンベルを両側に引き上げる。
  • 上げながら腕を内側に捻り、小指が上に来るようにする。
  • ゆっくりとスタート地点まで戻す。

肩甲骨を寄せず、肩が上に上がらないように注意する。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ