DNS ZONE

DNS ZONE

cover

TRAINING GUIDE

パフォーマンスアップを実現するトレーニング情報 トレーニング、プログラムのキーポイントを紹介

ストレッチとは

ワークアウトの前後で行うストレッチには、様々な方法が存在する。どのような方法であれ、ストレッチをする事で次のようなメリットが享受できる。

【increased】
・精神、体力の両面におけるリラクゼーション。

【heightened】
・自分のボディに対する意識の高まり。

【reduced】
・関節や筋肉のケガのリスクを少なくする。

【diminished】
・筋肉痛や張りの解消。

【increased】
・モーションの広がり。

【sufficiently】
・深いところにある筋肉組織と関節の充分なウォームアップ。

我々が提唱するストレッチプログラムは柔軟性を高め、運動パフォーマンスの向上、 ケガのリスクを少なくする事を目的としている。それでは、基本的なルールを紹介しよう。

#1 Start :
体幹部のストレッチから始め、徐々に末端に移っていく。

#2 Hold :
ストレッチのポーズは15~20秒ずつ止め、筋肉を十分に伸ばすよう意識する。
呼吸は深くゆっくりと。

#3 Perfome:
勢いをつけずに、安定したストレッチを心がける。


#4 Do not :
痛みを我慢して無理にやらない。

ウェイトトレーニングを行う日には必ずストレッチを組み込む事。トレーニングの前後、あるいはセット間の休憩時間の合間に組み込んでもよい。

TRAINING GUIDE パフォーマンスアップを実現するトレーニング情報 トレーニング、プログラムのキーポイントを紹介

ストレッチとは

ワークアウトの前後で行うストレッチには、様々な方法が存在する。どのような方法であれ、ストレッチをする事で次のようなメリットが享受できる。

□ increased 精神、体力の両面におけるリラクゼーション。
□ heightened 自分のボディに対する意識の高まり。
□ reduced 関節や筋肉のケガのリスクを少なくする。
□ diminished 筋肉痛や張りの解消。
□ increased モーションの広がり。
□ sufficiently 深いところにある筋肉組織と関節の充分なウォームアップ。

我々が提唱するストレッチプログラムは柔軟性を高め、運動パフォーマンスの向上、 ケガのリスクを少なくする事を目的としている。それでは、基本的なルールを紹介しよう。

#1 Start : 体幹部のストレッチから始め、徐々に末端に移っていく。
#2 Hold : ストレッチのポーズは15~20秒ずつ止め、筋肉を十分に伸ばすよう意識する。
呼吸は深くゆっくりと。
#3 Perfome : 勢いをつけずに、安定したストレッチを心がける。
#4 Do not : 痛みを我慢して無理にやらない。

ウェイトトレーニングを行う日には必ずストレッチを組み込む事。トレーニングの前後、あるいはセット間の休憩時間の合間に組み込んでもよい。
Share
twitter
facebook
印刷用ページへ