Nutrition Guide 身体を作り、機能させる栄養・サプリメント情報 より効率的な身体作りのために

3-4.どんなプロテインがいいのだろう?

ホエイという高級プロテインの登場がプロテインサプリメント自体の意味を大きく変えたといっても過言ではない。ホエイは日本語で乳清といい、そもそもチーズを作った時に出来てしまう「産廃」であった。しかも栄養価が異常に高いため、廃棄するのにも厳しい規制があったほどだ。(栄養価の高さから、廃棄した川などでプランクトンが大量発生するなど、生態系を破壊してしまう。)

技術の進歩に伴い、ホエイの純度をより高め、アスリート用サプリメントにまで"昇華"することができたのが、ここ10数年くらいの話なのである。それまではカゼインや卵、もっとも安価な大豆などがプロテインの中心であった。これらの前世代プロテインも飲まないより飲んだほうがいいのであるが、とにかくホエイの威力にはまったく敵わない。

ホエイは身体作りに重要なBCAA(※1)の含有率が高く、抜群のアミノ酸プロフィールを持っている。また最も重要なアミノ酸の1つ、グルタミン(※2)はトレーニングなどの激しい運動で消費されてしまうため、グルタミンを含むホエイによる補給は疲労回復に大きな効果をもたらす。とにかくホエイは体内での利用効率が抜群なので、使ってみての効果をすごく体感できるのだ。まず米国のボディービルダーの間で火がつき、その直後にあらゆるメジャースポーツに広がった。日本でも今やプロテインというとホエイを指すことが多くなった。

(※2)BCAAとは?
分岐鎖アミノ酸のことで、ロイシン・イソロイシン・バリンの3つをさす。筋肉分解の抑制、持久力の向上、集中力を高める働きがあると言われている。

(※2)グルタミンとは?
筋肉中の約60%を占める主要アミノ酸。筋力維持、コンディション調整、健康維持をサポートすると言われている。

Share
twitter
facebook
印刷用ページへ

DNS Tech

Training Guide